メニュー ホーム

お菓子はもう飽きた!意外性のある東京土産3選

バリエーション豊かで日持ちもする「佃煮」

江戸前の代表格「佃煮」は意外と知らない人も多い東京の名物です。東京には歴史ある佃煮の老舗がたくさんあり、材料はもちろん味付けや製法もバリエーション豊かで日持ちするので、お土産として人気なんです。伝統のタレで煮上げた香り豊かな佃煮は、ご飯のお供にもお酒のアテにもぴったりです。年配の方や甘いものが苦手な人へのお土産としてもおすすめです。佃煮のお店で売られているお茶漬けの素やふりかけも絶品で、喜ばれること間違いなしでしょう。

ずっと手元に残る、風情ある「伝統工芸品」

東京には食べ物以外にもお土産が沢山あります。特に風情ある伝統工芸品は、外国人の方へのお土産としても大変喜ばれるでしょう。例えば「江戸切子」は硝子に切れ込みを入れて作る工芸品で、その美しい模様には年代を問わず魅了されます。大切な人とお揃いの品を購入するのも良いでしょう。また「江戸べっ甲」は、帯留めやかんざし等の伝統的な装飾品は勿論のこと、ネックレスやブローチ等の普段身につけやすい洋装品にも使われています。どこか温かみのある美しさで、女性へのお土産にぴったりです。

意外と人気の「キャラクターグッズ」

東京のお土産として意外と人気があるのが、「アニメグッズ」や「キャラクターグッズ」です。東京にはアニメにちなんだグッズを扱う店や人気キャラクターの専門店などが数多くあり、好きな人にとってはたまらない場所です。地方や海外に住む友人・知人には、そういった場所でグッズを購入するのも喜ばれるでしょう。その場合にはあらかじめ相手の好きなものやキャラクターを把握しておくことが重要です。特に親しい友人や趣味を共有する友人には、こんなお土産も良いかもしれませんね。

カンパネラというのは鐘という意味があります。教会の鐘、お寺の鐘、または鈴や風鈴という意味でも使われています。

関連記事
東京の土産はココ

カテゴリー:未分類

admin