メニュー ホーム

ペットを飼う前に読んでほしい!家族として最期まで面倒をみるということ

ペットのいる生活って幸せ

ペットは、人間を癒してくれる効果があります。日々の生活で、ストレスをため込んでいても、ペットと触れ合うだけで心が癒されます。独身者がペットを飼うと結婚できないなんていわれますが、これはペットの世話のために帰宅時間を守ることだけでなく、精神的に充実して自己完結してしまいがちだからです。しかし、ペットを通じて、散歩やペットカフェで出会いが待っていることもあります。ペットを連れてのナンパ成功率は非常に高いとも言われます。それを理由に飼うことは推奨できませんが、家族が増えるということは人間でもペットでも幸せなものです。

ペットを手放してしまう人達

悲しいことに、喜んでペットを飼い始めたにも関わらず、手放してしまう飼い主がいます。環境省の発表では、平成26年度は15万匹もの犬猫が保健所に引き取られ、約10万匹が殺処分となっています。このうち、飼い主が直接連れてくる割合も1割以上あり、それぞれに事情を抱えていたのだろうと推測できます。経済的な理由、アレルギー、引っ越し先にれていけない、不妊手術をしなかったためにペットの子供までは飼えないなどの理由で連れてくるのだそうです。どうしても飼えなくなる事情が発生しても、責任を持って次の飼い主を見つけて欲しいものです。動物愛護団体に相談したり、SNSを利用することで糸口が見つかるかもしれません。

ペットを最期までみとる

ペットも、人間と同じように年をとります。足腰も弱り、白内障になったり、歯が弱ったり、しまいには呆けてしまうこともあります。ペットは大概人間より寿命が短いですから、その最期もみとることになります。ペットを失った家族のショックは、ペットロスとしてよく知られていますよね。可愛がっていたペットの死は時に大きな喪失感となってしまいます。元気なうちにしっかり愛情を注いであげましょう。現在は、ペットの葬儀会社も多く、ペットをきれいにして、祭壇まで用意して火葬することができます。共同墓地もあれば、個々の仏壇(のようなもの)を常時保管してもらうことのできます。ペットの中でも犬は、人間の感情に寄り添ってくれる賢い子が多いものです。かわいらしい子犬時代、腕白な少年時代、賢い成犬時代、老犬としての温和な最期の時代、それぞれに思い出を与えてくれます。ペットを飼う前には、事前に犬種の性格や習性について調べたり、家族のアレルギーについて調べておくなど、責任をもって最期まで飼えるかどうか、よく検討してみましょう。

子犬を飼いたいと思ったら、ペットショップに相談に行きましょう!子犬販売なら神奈川県に良いショップがあります。

カテゴリー:未分類

admin