メニュー ホーム

機械式時計の肝!リューズの扱い方アレコレ

リューズ周りの扱いが最も重要

機械式時計は大変デリケートな精密機械です。そのため、至る所の扱いに細心の注意を払う必要がありますが、その中でも特に注意しておかなければならないのがリューズの扱いです。ゼンマイ巻きや各種手入れを行う際リューズを起こすことになりますが、この時が最も外部環境が機械式時計内部に影響を及ぼしやすいと言えます。機械式時計の故障の大半を占める浸水は、リューズを起こしたまま水周りで使用したことが原因です。生活防水であろうともリューズを起こしている間は、水損の可能性があることを十分承知しておきましょう。

自動巻きの機械式時計はリューズからの心棒が特に脆弱

リューズからは回転を動力に伝える心棒が伸びています。機械式時計の内部は様々な極小部品が細かく配置されているため、比較的強度を持っているこの心棒も、大きな力に十分耐えうるというほどのものではありません。さらに手巻き式と比較して手動でゼンマイを巻く機会が少ない自動巻きの機械式時計の場合は、心棒の強度が手巻きのものよりも格段に弱いのが一般的です。雑な扱い方をすると簡単に曲がってしまい、それが様々な故障を誘発することになりかねないため、丁寧に扱うよう心がけましょう。

機械式時計は置き方にも気をつかわなければならない

普通の使い方をしていれば、そうそうリューズとそれに繋がる心棒から不具合が出ることはありませんが、精密機械である機械式時計を扱うに当たっては丁寧過ぎてもやり過ぎということはありません。時計を腕から外して置いておく場合、その置き方については細かい注意点はありませんが、唯一リューズを下にして置くような不安定なやり方だけは避けるようにして下さい。このような置き方をすると時計が倒れて故障する可能性がある一方で、リューズに過剰な負担がかかる原因になります。とにかく機械式時計は、リューズ周りの故障が最も多いことを念頭に置いて手入れするように心がけましょう。

ダミアーニは高級ジュエリーブランドです。1924年の創業以来、現在に至るまで同族経営を守っています。

ダミアーニの結婚指輪の更新情報
ダミアーニのネックレスならこちら

カテゴリー:未分類

admin