メニュー ホーム

愛犬を飼っていればかならずその老後に向き合うことになる日々が・・・

10年飼った愛犬の老後とは・・・

犬の生涯は人間よりもずっと短いものですから、愛犬を飼っていれば必ずその老後と死、というものに向き合わなければならなくなるものです。年月に換算すれば、犬の平均寿命はだいたい10年くらいですし、人間にとっては10年でも犬にとっては7、80年となるわけなので、生後10年目の愛犬といえばもうかなりの老犬、ということになるわけです。この歳になると、愛犬ももうあまり歩かなくなってしまったり、目がよく見えなくなってしまったり、といったようになってくるものです。

一生の内に三代もの愛犬を飼えるということは?

犬好きの人であれば、三代にわたって愛犬を飼ったことがある、といったことも珍しくはないでしょう。一代目の愛犬が老後を迎えて死んでしまうと、寂しくなってまた、二代目となる愛犬を飼うことになり、その二代目も死んでしまうと、やはり寂しくなってしまって、またまた三代目を飼って・・・、といった経緯であるわけなのですね。このように、何の気なしに愛犬を三代飼って・・・、と言っているわけですが、これはつまり、人間はその一生の内に実に三世代にもわたる犬を飼うことができる、という意味なのです。まさに、人間の生涯に比べて犬の生涯というものがいかに短いものなのか、ということなのですね。

老犬となった愛犬の姿には飼い主との忘れ難い思い出が

わずか10年で老犬となってしまう愛犬をみていると、本当に犬の生涯とは短いもの、と実感させられるものです。人間ならば、まだやっと小学校を卒業する年齢になったばかりの子供なのに、愛犬の方はもうその生涯を終える間際の老犬になって・・・、というわけなのですから。でも、その年老いた老犬の姿には、飼い主との忘れられない思い出がいっぱい詰まっていて、間もなく迎えなければならない別れのことを思うと、なんともつらい気持ちになってしまうものなのでしょうが。

老犬ホームは、全国のペットの飼い主からのニーズが高まっており、良心的な業者の特徴を見極めることがポイントです。

カテゴリー:未分類

admin