メニュー ホーム

結婚指輪の大原則!!その知識を身につけること

指輪の素材についてのこと

結婚指輪は、素材に拘ることになります。わかりやすい貴金属としては、純金と白金です。これによって、それなりに見栄えが良い物を作ることができます。そして、大きな点として、これだけの場合、そんなに高くならない、と言うメリットがあります。しかし、それでも更に細かいところに拘ると価格が吊り上ります。彫刻程度ならばよいですが、物凄くディテールに拘ると加工の費用が跳ね上がることになりますから、覚悟する点になります。

宝石をつけるかどうか

結婚指輪と婚約指輪が同じであれば、宝石をつけてもよいですが、違うならば結婚指輪の方には付けない方が良いです。これは普段からつける指輪になるからです。仕事の都合上、外さないといけない場合は仕方ないですが、結婚指輪は基本的にはずっと付けている物です。これは内外に結婚をしているアピールの為に使うからです。その為、宝石を付けない方が良いわけです。どうしても傷をつけたりすることがあるからです。貴金属だけのシンプルな指輪が賢明です。

分限を弁えて購入することです

婚約指輪は、給料の三か月分、と言うのは別に根拠があるわけではないので気にしないで良いです。婚約指輪と結婚指輪を合わせると半年分の給金をつぎ込むことになります。あくまで自由ではありますが、他にも結婚式がありますし、その後の生活もありますから、基本的には分限を守ることが大事です。大原則は一括で購入することです。ローンを組んでまで買う様な物ではないので、お互いに納得をした上で品物を選ぶのが賢明なやり方です。

結婚指輪とは挙式で新郎新婦が交換する指輪のことをいい、シンプルなデザインのものを選ぶのが一般的となっています。

カテゴリー:未分類

admin