メニュー ホーム

ここは押さえておこう!機械式時計のオーバーホールについて

機械式時計には絶対必要なオーバーホール

高級感あふれる機械式時計は嗜好品として最高峰の品物であると評価されますが、その手入れの必要性は高級さと比例して高まります。機械式時計はいくつもの精密な部品で構成されていますが、それらの部品は潤滑油が塗布されていることを前提として組み上がっています。この潤滑油が切れると自分の手では差せないために、必ずオーバーホールしなければなりません。また、各部品の損傷や磨耗の具合を確認するための総点検としても、オーバーホールは絶対必須です。

オーバーホールを行う期間

オーバーホールはあまり頻繁にやり過ぎても、逆に機械式時計を悪くしてしまいますので、しっかりと期間を守って実施するようにしましょう。車の場合と同じく、新品の場合は各部品の磨耗も無いためオーバーホールまで比較的長い期間を開けても問題ありません。おおよそ3~4年経ったらオーバーホールしましょう。2回目以降はこれよりも間隔を狭めて、およそ2~3年に1回のペースでオーバーホールに出すようにすると、かなり長い期間機械式時計を使い続けることができるようになります。

オーバーホールに出す際の注意点

オーバーホールも、ただ業者にお願いすれば良いというわけではありません。とにかく精密な部品で成り立っている機械式時計のオーバーホールは、それこそ細心の注意を図りつつも高度な技量でこなしていく必要があります。従って、あまり技術が無い職人に頼んでも、元の木阿弥に終わってしまうことがあります。オーバーホールをお願いする場合は、しっかりとした信頼の置ける職人にお願いするようにしましょう。そのような職人に心当たりが無い場合は、購入した店舗などに紹介してもらうと良いでしょう。

ブシュロンは結婚指輪や婚約指輪などを展開する高級宝飾品ブランドで、家族経営で150年以上の伝統と歴史を守っています。

ブシュロンの時計の詳細

カテゴリー:未分類

admin