メニュー ホーム

時計に求めることは人によってまったく違います

時計は方向性が色々とある

時計、といっても特に腕時計は色々なタイプがあります。物凄く高価な物もありますが、非常に安い物もあるわけです。それこそ、100円で売っている時計すらあります。それでも日常的に使うのであれば、それなりの物を用意しておいたほうがよいいです。数千円の物でもそれなりの見栄えが良いのはいくらでもありますから、究極的には好きにすればよいわけですが、時と場合をよく考えて、腕時計をチョイスするのが賢明な考え方です。

高ければ良しとされるわけではない

腕時計は高い物では、億単位です。ここまでいきますと一部上流階級の話になります。一般人は数十万円でも高い時計に分類されます。それはよいですが、あくまで腕時計をつけるのは実用性があってこそです。それに傷がつく可能性もあるわけです。とても大事であるならば、後生大事に保管しておくことです。実際に飾っているだけ、と言う人もいます。高ければよい、というわけでもないですから、気に入った物を日常的に使うことです。

フォーマルな時計に関しては

どんな場合でもとりあえず見合う時計はあります。フォーマルな場にとりあえず見合った時計があるわけです。ゴールドと言うのは意外と人気がありますが、あまり相応しい場、と言うのがないのが欠点です。一番よいのは黒です。黒は喪の時に用いられる色ではありますが、別に祝い事でも問題ないです。時計の場合はそうなります。そもそも儀式の時には基本的には時計はしないことです。しかし、しないと困る時もありますから、そうしたときには落ち着いた黒い時計にするとよいです。

タグ・ホイヤーは1860年創業のスイスの高級時計メーカーです。創業当時からスポーツウォッチの開発に力を注いでおり、クロノグラフでは特許も取得しています。タイガー・ウッズが愛用していたことでも有名です。

カテゴリー:未分類

admin